専業主婦でも借りれる金融で即日借入

即日融資には条件がある?

即日融資を希望する場合は、審査スピードが自慢のインターネット契約を利用しましょう。
来店契約よりもはるかにスピーディな審査が可能で、指定時間までに申込すれば当日借入できる可能性があります。
ネット経由の申込方法の流れは、申込画面から必要事項を入力して待つだけで審査回答をもらえる対応の速さが大きなメリットです。
金融機関によって締め切りの時間や土日の取り扱いが異なるので、ホームページや電話で情報を確認しておくと、いざ急ぎで申し込みたいときにも安心です。
専業主婦の場合は消費者金融を利用することはできませんが、銀行では最低限の必要書類と簡単な在籍確認のみで申込みできる商品もあります。
用意する書類は運転免許証などの本人確認書類だけ、また在籍確認といっても携帯電話など自分あてに連絡があり本人確認を行うだけなので、さほど心配することはありません。

各カードローン会社の特徴とは

イオン銀行カードローンBIG(金利年 3.8〜%13.8%)
イオン銀行の口座を持っていて、イオン銀行ダイレクトから申し込むと最短当日借入れも可能(本人に収入がなくても50万円まで申し込める)

(インターネットから申し込み→最短当日に審査回答 →ローンカード発行(イオン銀行キャッシュカードでも利用できます)

みずほ銀行カードローン(金利年 4.0%〜14.0%)
みずほ銀行の普通預金口座を持っていること。来店、本人確認書類等が郵送不要のWEB完結申し込みで最短即日利用が可能です。

審査通過後にカードローン口座が解説され、手持ちのみずほ銀行のキャッシュカードにカードローン機能が付加されます。
(インターネットで申し込み→審査回答→(200万円以上借入れ時、本人確認書類・収入証明書の画像をウェブで登録→口座開設)

ソニー銀行のカードローン(金利年 2.5%〜13.8%)
口座を持っていなくても、初回振込サービスの利用で最短当日融資が可能です。カードローンと口座開設と同時に初回振込サービスも利用できます。

(インターネットで申し込み→審査回答メール→必要書類手続き→カード発行)

三菱東京UFJ銀行カードローン(金利年 4.6%〜14.6%)
三菱東京UFJ銀行の店舗に設置されたテレビ窓口から申し込むと、最短40分でカード発行、借入ができます。

テレビ電話ではオペレーターと直接話をして、運転免許証、勤務先報、
100万円以上借入の場合は収入証明書(源泉徴収票・住民税決定通知書、確定申告書のうちいずれか)の提示をして、申し込んだその場で審査してもらえます。
インターネットから24時間申し込みもできるので、ネットから申し込みをしておいて、審査に通ったらテレビ窓口でカード発行をすると無駄がありません。

新生銀行カードローン レディースレイク(金利年 4.5%〜18.0%)
平日14時までに申し込みと必要書類の確認を完了すること。

無人契約機での書類提出、カード発行も可能です
(インターネットで申し込み→サイト上で審査回答(メールも届く)→自動契約機またはインターネットで契約→口座振り込み)

インターネットから24時間申し込み受付をしている業者は多いですが、営業日でなければ審査をしてもらえませんし、混雑したり提出書類の内容によって審査に時間がかかり、翌日融資になることがあります。
即日融資をさせるためには朝早い時間に申し込みを済ませておくと、可能性が高くなります。