専業主婦でも借りれる金融の審査

銀行カードローンなら必ず借りれる?

銀行カードローンの特徴は、消費者金融と違って、提出する書類が少ないことにあります。
収入が全くない専業主婦でも、運転免許証などの本人確認書類の提出だけで借入ができるのです。
夫の収入証明書も必要ありませんし、店頭に行かずインターネットで簡単に手続きができるメリットもあります。

 

ただし、カードローンの申込みをしても、希望通り利用できるわけではありません。
申込みの受付から一定の審査があります。
では、専業主婦の審査基準はどうなっているのか見てみましょう。

 

まず、提出された個人情報が正確で、信頼性があるか確認されます。
偽って回答をしていないか、本人を確認するために自宅に電話がかかってくることもあります。
でも、夫の勤務先に電話がきて、カードローン申込みの連絡や在籍確認をされることはないので安心してください。
しかし、夫も審査の対象になります!

 

その理由はなぜでしょうか。
定期収入がなく返済能力がない専業主婦は、夫に頼って返済することになるからです。
そのため、夫に安定した収入があるのか、きちんと返済できる可能性があるのか調査されます。

 

さらに、他社から借入をしているか、もしそうならば借入額の総額は幾らなのか、返済の延滞はないのかも調べられます。
もし複数他社で借入をしているなら、カードローンを申しむ前に返済額を減らしておきましょう。

 

また、審査に落ちない対策の1つとして出来ることは、総量規制以上の金額を借りないことです。
つまり自分の夫の年収の3分の1以上を借りようとしないことがポイントです。

専業主婦の審査、ココに注意!

世帯収入は正確に

専業主婦の審査基準のひとつに世帯収入があります。
本人に収入がないため、返済能力のチェックのひとつになります。
増やして申込むなどは厳禁ですが、書かないと審査に通ることができません。

専業主婦の審査は厳しい?

専業主婦だから審査基準を変更して厳しくチェックするということはありません。
ただし、専業主婦には本人に収入がないので銀行によっては専業主婦の限度額を設定している場合があります。

 

銀行のカードローンでは実際の審査は保証会社が行っていますが、重要視されるポイントは利用者の返済能力です。
専業主婦の場合は収入がありませんから不安になりますが、原則として配偶者に安定収入があるという条件を満たしていれば申込みできますので心配いりません。
しかも配偶者の同意書や収入証明書を提出する必要はないので、旦那にも内緒で申し込みが可能になっています。

 

ただし審査の対象になる本人がブラック入りしているのはもちろんのこと、旦那がブラックの場合でも審査に不利になる可能性があるので注意が必要です。
ネット申込を利用すれば、自宅や出先からいつでも手続きができ、契約後すみやかに銀行口座へ振込で融資を受けられることもあります。
振込キャッシングを希望する際には、申込みをする銀行に既存の口座があるか、口座開設が必要となる場合もありますので、事前によく確認しておきましょう。

専業主婦は最高金利が適用される?

金利は職業によって左右されません。
審査によって決まった借入限度額によって適用金利が決まります。
専業主婦は限度額が多くて30万円〜50万円なので、最高金利が適用されることになります。
それは専業主婦だからではなく、審査によって決まった限度額が理由です。